2016年10月

授業開始 C言語(Hello World~変数型指定)

今日からいよいよ本格的な授業の開始

プログラムとは何か・・・から始まってC言語の歴史や特徴の紹介
画面に「Hello World」を表示させる(なんでも定番のプログラムらしい)
20161004_141514_353

メモリ割り当ての説明
int~doubleの変数型の説明で今日の授業が終了

機械的に覚えることはたくさんあるのだけれど、実際に何か成果物を作ってるわけではないから時々眠くなってしまう

開発環境の入れ方も教わったし、あとはマイコンチップへの積み方を学んでしまえば自分で工作キットでも買ってわからない部分を講師に聞く方が早く上達するのかもしれない

まあこれがメインではないし焦る必要は無いかな
早く電子回路にはんだ付けしてみたい

あと11月に合同企業説明会があるらしく全部は招致できないので希望を募るらしい
もちろんビルメン会社の招致に希望を出すけどそんなのこの科で 俺だけだろうな…

あと最近はアマゾンのプライムミュージック聞きながら勉強や作業してることが多いかも
特に音楽のこだわりは無いので最近はクリスハートがお気に入り。聞きやすいのがイイネ!

第一種電気工事士筆記試験

お昼に大学の受験会場へ
20161002_121927_120
 
この会場では約1,000人受験
他にも受験会場があったらしい
あいかわらずデカい問題用紙
20161002_225542_136

3回見直したら2時間弱かかったけど解答速報で94点の結果だった
わからない問題4問中まぐれで1問正解してたからラッキー!
 
感想としては過去問から多数出題されていて、しかもあまり捻りが無い問題だった。例年に比べて簡単な方ではないだろうか?おそらく合格率も高いだろう。二種のときにも感じた難しい問題と簡単な問題で2極化していている印象。そして簡単な問題が増えている。過去問をしっかり勉強した人はとても合格しやすい試験になっている、この傾向が続くとしたら今のうちが狙い目の資格かもしれない

関係ないけどこないだのボイラー1級の合格通知が到着
20161002_221418_473
 
資格欄にまた一つ増えた(喜) 

第二種電気工事士免状

免状が申請から約10日ほどたって送られてきた

P_20160917_234045
 
これを手にするまでに勉強開始から約5ヶ月間・・・・・・長かった
興味で受けてる人はそうでもないかもしれないけど合格が必須な人にとって二回試験があるってのは精神的にキツイものだと身に染みてわかったよ


そして今日は第二種電気工事士下期の筆記試験日
ちょうど6月に埼玉の大学で受けてもう4ヶ月もたったのか早いな思う

思い返してみて筆記試験については多くのサイトで対策うんぬん書かれているのでその通りにやれば大抵の人は合格すると思う、具体的には過去問をとにかく回すという感じ。特に前回は伏線図が難しくなった代わりに本当に初歩的な問題が多かったので合格率が例年より上がるという結果になったんじゃないかな。なのでむしろ勉強してない人にとってチャンスが増えている試験と言えると思う
まあこの二種試験の本番は実技ですからね…

そして明日は自分も一種の筆記がある
こちらは実技より筆記で落ちる割合が多いんだよなあ(言い訳)
頑張って勉強してますよ
 
  • ライブドアブログ