2016年12月

今年の授業も終わり(オペアンプ)

前回の更新から大分空いてしまったしまったけどC言語が終わってから再びアナログ回路の学習に戻りました
20161219_160113_124
オペアンプで電流増幅

先週一杯はこんな感じで実験をしてた感じで。これにてアナログ回路が修了

その後カリキュラムはデジタル回路に復帰
前の設計キットから代わってプロ仕様の設計シュミレータを使用中
orcadライトは無料でダウンロードできるのでポリテク卒業したら使ってみたい

ここのポリテクはけっこう変則的なカリキュラムを組んでいるらしく
C言語⇒アナログ⇒デジタル⇒C言語⇒アナログ⇒デジタル
と螺旋のように移り変わっていくので思い出すのに疲れてしまうがそれが復習になっていいのかもしれない

26日(月)で今年最後の授業も無事終了
そんな感じで今年最後のポリテク飯
20161226_121159_207

電験サークルで変圧器の授業
サークル活動も今年は終了
20161215_193856_698

年明けから本格的に電子回路制作が始まる。資格取得も消防設備士に危険物甲種、衛生管理者も3月までにできれば取っておきたい・・・
でも一番心配なのは2月から始まる企業実習かな。体がデブいので第一印象を良くするために年末年始で走り込みをして痩せるのが第一目標だな

 

C言語が終わった

今日でC言語の授業が一応全部終了した、大体1ヶ月近くはC言語だけで費やしてきただろう。
ポリテクでどんな授業をするのかと興味を持つ人もいるかもしれないが、授業はすべてオリジナルのプリント学習でサブテキストだ。やさしいCという入門書も個人的に買ってみたがカリキュラム的にはあまり変わらない。 ただオリジナル問題を多くこなして身に着けていくものと考えてもらえれば間違いない。

そうそう…ポリテクの授業って就業者もセミナーという形式で2,3日で受けることもできるんだよね。内容は訓練生が受けるものとほぼ変わらないらしい。つまり訓練生が1ヶ月かけて勉強するものを3日で学びきるわけだ。訓練生は例題を多く解いて先生への質問権が1ヶ月分ついてるコースと考えてみてもいい。
ただポリテクで就業者セミナーに参加すると3万円近くかかってしまうので、お金がもったいないと思う人は入門書と例題集を本屋で買って自分で学習すれば費用を抑えることができると思う。

かつてとある企業で1日でC言語を教えてほしいという依頼がきたらしい。先生も無理だろう・・・とおもったらしいが一応講師業だから新社会人に駆け足で教えたらしいけど、みんな鳩が豆鉄砲くらったみたいな顔していたらしい。まあ・・・そりゃそうだろうねと思うよ。どんなブラック企業だったんだかね。

第一種電気工事士試験

今日は技能試験の日
20161204_101910_497
 
というわけで行ってきました。
千葉の会場は津田沼にある日大キャンパス
番号一覧を見るに約800名強が受ける模様

試験会場の教室内
20161204_102523_880
 
3人掛けの机を2人で使う。正直に言って狭い!横も狭いけど縦がもっと狭くて作品が前の席に当たるか自分の腹に当たってしまう(´・ω・`) 仕方がないので皆が材料床置きで作っていた。試験員も移動しずらそうにしてたけど仕方ないな・・・って感じだったと思うよ。試験帰りに「狭いから計画変更してパーツ全部作ってから組み合わせることにしたよ」なんてグチってた人がいたけど、まさにおま俺?って感じ

今回、10問の候補問題の中で出題されたのは候補1番の問題でした。 ちなみに埼玉で夏に受けた第二種電工試験の実技問題も候補番号1番の問題が出たので連続で1番が出たんだよね・・・こんなこともあるんだなと思った

正直ラッキー!って問題が配られたときは楽観的だったけれど始めてみるとこれが全然終わらない((+_+)) 1番は”素直だけど手数が多い”って問題で下に材料置いたりとか慣れない環境でもたついたり誤って線を短く切るミスもしたせいでギリギリの完成になってしまった。

退出時に周りを見渡してみると完成してるように見えるけど見た目がグチャグチャな人が多くて時間の足りなさ(あるいは机の問題?)を物語っていたと思うよ。ちなみに隣の人はスリーブ圧着したあと芯線の切漏れがあったみたいだけど・・・まあ1か所だけだったら大丈夫かな?あと試験員の学生さんがかわいい娘だった

ひとまずこれで年内の資格受験はすべて終了!来年は年明けから消防設備士甲種を受ける予定なので来年もガンバリマス!
  • ライブドアブログ