2017年01月

消防設備士甲4を受験

日曜日に東京の中央試験センターで消防設備士甲4を受けてきたよ
20170122_131043_379
 
晦日から約4週間勉強してきたけど、いや~勉強が難しかった。細かい数字まで覚えないといけないのが辛かった。言葉に馴染みがないから覚えた端から記憶がスルスル抜けていく…。ギリギリ合格を狙うならそれでもいいのかもしれないけれど不安が残るのでみっちり勉強してみたよ。

さらっとどういった試験か説明すると自動火災報知設備という消防用設備に対して工事や整備ができる資格です。よくカップを付けた長い棒を持ったオジサンが廊下で天井の装置にカップを被せている光景は見たことあると思うけれどもそれです。熱や煙や炎のゆらめき、ガス漏れを感知器が検出して事務所や防災センターにある受信機や地区ベルに火災信号を発信して火事をお知らせするわけです。

試験は筆記と実技に分かれていて筆記はマークシート方式で法律や機械、設置基準、試験方法について問われる。実技は記入式で写真や絵を見て答える鑑別という分野と、記号や配線を図面に描きいれていく製図試験に分かれている。筆記と実技共に60%以上で合格

やっぱり難しいのは実技で鑑別に関してはいい問題がでるか運が絡むし、製図については書き間違いに気を付けなければならない。記入式なのであっているかどうか合格発表を待たないといけないのも歯がゆい・・・
たぶん60%は取れていると思う(思いたい)けど落ちてるとしたら大ポカやらかしたとかだろうな。

これが合格すれば新ビルメン4点セット(電工・二ボ・乙4・消4)が完成するので是非合格していて欲しいものですよ('∀';)


 

認定電気工事従事者

一種電工事士と二種冷凍の合格通知書がきました
P_20170116_163908
P_20170116_225057

第一種電気工事士は試験に合格しても実務経験が3年、もしくは5年必要になるので免状は頂けない。・・・だが、この合格証だけで申請すれば貰える資格が実はあるのだ

それが認定電気工事従事者 (申請方法
一種電工に合格するか二種電工を取った後に講習(12500円)を受ければ自家用電気工作物(ビルとか)の低圧部分(オフィスで使うコンセントとか)の工事ができるようになる

ちなみにこの認定電気工事従事者、二種電工を持っていなくても工事ができてしまう。一般住宅の工事等ができないのでなんとも微妙な資格になってしまうのだが・・・。世の中でこれしか持ってない職人さんがいるのか?は疑問だけれどもご利益がある合格証にはなっていますよ!というお話でした

電子回路工作

授業も残すところ1ヶ月余り
授業も終盤の総合制作に突入しました

(配置を考えて抵抗やコンデンサ、トランジスタ、LEDを半田付けする作業)
20170113_092716_545 20170113_092830_879

半田付けって中学生のときに1回やった記憶がある程度
ボロボロだけれども導通してりゃいいのだ・・・・・・
可変抵抗で赤と青のLEDが点滅する速度を変えられる回路ができた

(マイコン基盤の半田付け)
20170116_121816_311

20170116_141151_608

マイコンを固定するためのピン、抵抗、コンデンサを基盤に半田付けしてから固定する。今週からはこのマイコンを使って授業をするので楽しみですね(*'ω'*)






 

年明け初授業

あけましておめでとうございます

そんな挨拶をポリテクでお互いにするわけもなく・・・
去年と同じように何も変わらず授業開始

内容も去年と同じようにデジタル回路設計
翌々週からマイコンを使った授業に入るらしい
自分でもラズベリーパイを買ってみたいな~と少し思っている
今月の消防設備士試験が終わってからだろうな…買うとしたら

そういえば年明け最初に教員から就活の喚起があった
現在自分のクラスは総勢9名
内定が決まった者が自分を含めて4名
あとの5名はどうするんだろう…知らないけども…
クラスメイトとあまり話さないからわからないな 
これからの時期は新卒が入る影響で中途採用は少し鈍るかもしれない

さらに2月に企業実習という授業があって、この実習先が決まらない人は強制退所になってしまう。なんでこんな面倒な制度を作ったんだよ…授業に組み込むなら実習先も全員分用意しといてよ!と余計なことを思ってしまう。
  • ライブドアブログ