資格

第二種冷凍機械試験

11/13(日)快晴 試験会場 千葉工大へ
20161113_081105_826

講習組のため受験するのは法令のみ1科目
一科目しか受けなくても試験料は8,500円(高い・・・)

試験開始まで津田沼駅で買ったパンを食べて待機
20161113_082118_213


今回からスマホやゲーム機など電子機械を試験中に身に着けていたらほぼアウト+ 試験終了まで残った人でないと問題が持ち帰れない+  解答をメモ等に書いて持ち帰るのも禁止 など試験注意が厳しくなった

実は6月の講習会でこの事情について職員が語っていた。なんでもカンニングが何件かあってこのままだと試験委託業務を国から取り上げられそうなので厳しくなったそうだよ。まあ、電卓に解答打ち込んで途中退出したりとかする人もいたらしいけど


9:30~試験開始
2回解いて6回マークチェックして終了

さっそく今日解答が公表なので合わせしてみる
結果 19/20で無事合格

ちなみに間違った一問 
20161115_003615_117

 冷凍試験でよく批判される意地悪問題の体が良く表れていたので参考にアップ

このイが〇で選択肢は(5)が正解
おそらくこの 製造施設・・・ ⇒ 製造設備・・・ だとバツで正解

ただ過去問でこの2文字の間違いを指摘する問題は無かったと思うんだよね
ここを〇にする度胸は俺には無かった

ともあれこれでビルメン4点セットは無事完成となりそうです
来年に免状申請できるのが楽しみでありますよ


 

第一種電気工事士筆記試験

お昼に大学の受験会場へ
20161002_121927_120
 
この会場では約1,000人受験
他にも受験会場があったらしい
あいかわらずデカい問題用紙
20161002_225542_136

3回見直したら2時間弱かかったけど解答速報で94点の結果だった
わからない問題4問中まぐれで1問正解してたからラッキー!
 
感想としては過去問から多数出題されていて、しかもあまり捻りが無い問題だった。例年に比べて簡単な方ではないだろうか?おそらく合格率も高いだろう。二種のときにも感じた難しい問題と簡単な問題で2極化していている印象。そして簡単な問題が増えている。過去問をしっかり勉強した人はとても合格しやすい試験になっている、この傾向が続くとしたら今のうちが狙い目の資格かもしれない

関係ないけどこないだのボイラー1級の合格通知が到着
20161002_221418_473
 
資格欄にまた一つ増えた(喜) 

第二種電気工事士免状

免状が申請から約10日ほどたって送られてきた

P_20160917_234045
 
これを手にするまでに勉強開始から約5ヶ月間・・・・・・長かった
興味で受けてる人はそうでもないかもしれないけど合格が必須な人にとって二回試験があるってのは精神的にキツイものだと身に染みてわかったよ


そして今日は第二種電気工事士下期の筆記試験日
ちょうど6月に埼玉の大学で受けてもう4ヶ月もたったのか早いな思う

思い返してみて筆記試験については多くのサイトで対策うんぬん書かれているのでその通りにやれば大抵の人は合格すると思う、具体的には過去問をとにかく回すという感じ。特に前回は伏線図が難しくなった代わりに本当に初歩的な問題が多かったので合格率が例年より上がるという結果になったんじゃないかな。なのでむしろ勉強してない人にとってチャンスが増えている試験と言えると思う
まあこの二種試験の本番は実技ですからね…

そして明日は自分も一種の筆記がある
こちらは実技より筆記で落ちる割合が多いんだよなあ(言い訳)
頑張って勉強してますよ
 

一級ボイラー試験

一級ボイラー試験を受けに千葉の五井まで行ってきた

P_20160921_090211

全部で159人しか受けないんだね・・・年に7回やるから少ないのかもね。人気もないだろうし 

試験時間は午前と午後で2時間ずつだけど時間が余ってみんな早く退出しちゃうんだよね。試験問題は8割方過去問からの出題だったんで過去問を3回繰り返せば合格は固いのではないだろうか。今回の新規問題は穴埋めがあって、吐き出し口の弁を「直列」に「2個」設置の「」の部分が抜かれてるってパターンがあった

資格試験には珍しく来週には結果がわかるってのが嬉しいね

 

2種電気工事士実技講習会レポ

電気ライセンス研究所さんの電気工事士実技講習会に水道橋まで行ってきました

内容は3日間で公表問題の全13問を一通り製作するというもの(6時間×3日間)
会場内は約70名強ほど、先生は4人でした

 初日は午前中のほとんどをかけて複線図の説明
結線時の注意を説明後に1つ目の課題を制作
お昼を挟んで一つ目を仕上げます

こんな感じで1課題につき一袋の材料が支給されました
20160718_094134_149

中には複線図の書き方が良くわからない人もいました
僕のように銅線がスリープに入れられなかったり接続を間違えてモタモタしている人も多くいる感じ。完成したら近くの先生を呼び止めて作品の合否判定をしてもらいます

・・・が、時間の都合上完成までに至らず見てもらえない生徒もいて終了時間を大幅に過ぎ、この日は3課題を仕上げて終了


  2日目、午前中で2課題をこなします
だいたいの流れとして、その課題特有の材料(ねじ無し金属管・メタルラスの保護管等)の施工部分だけ一緒に作成⇒残りは各自で完成まで作り上げる⇒その後先生を呼び止めてチェックしてもらいます

20160718_094134_149

昨日よりは多少早くできるようになったとはいえ不慣れでぎりぎりで全課題を完成。この日は5課題作成して全て合否判定してもらうことができました。結果は不合格2の合格3(軽欠陥1)でした

  3日目、前日と同じように5課題をこなしました。3日目になると手がスイスイと動くようになります。そのおかげで予定時間より早くに全課程を終了し解散となりました。


☆準備するものは-

 ケーブルやコネクタ、ボックス、コンセント等は全て会場で用意してくれました。持って行くものは指定工具とノートペンくらいです。あと、ほとんどの人がVVFケーブルストリッパを持っていました。(ナイフも一人だけいた)
 
 複線図を13課題一通り書いてからケーブルの向き方や道具の使い方を学んだ程度での参加だったけど初日こそボロボロだったものの3日目には余裕を持って作成まで持って行くことができました。

 中には3日目になっても遅い人、まったく完成できない人も見受けられました。そういう人は最初に複線図に戸惑っていた人達でした。講習会自体は比較的早いスピードで進みますので習得に時間のかかる複線図は事前準備として完璧にしておいた方が良いと思われます。


☆講習で得たもの-

ケーブルの長さをメジャーで図っていると、大体で良いから早く切って!とよく注意されました。私の場合だと人差し指の指先~第一関節が2.5cm、第2関節までが5cm、親指の先から人差し指までが15cmと手で測ってメジャーを使わずにスピードアップをする方法を習得できました。あとはアウトレットボックスの対角線が13センチとか、物を定規の変わりに使うという方法も教えてもらいました。自分の手や、持っている道具の長さをあらかじめ測っておくと便利かもしれません

あとは自分の作ったものが軽欠陥にあたるのかチェックしてくれるのは一番ありがたかったです。時間がかかりすぎると完成チェックを受けられないので緊張感を持って制作できることも良かったと思います


☆講習会は行ったほうがいいか-

 電子工作もしたことが無い人は行ったほうが良いと思います。わからないところはスグに聞くことができるし強制的にでも13課題を1週すると少し自信がつきました。あとは繰り返し練習して本番で緊張してミスしないよう頑張りたいな~と思います


 

電工筆記試験当日

昨日は電工の筆記試験であった。
試験が終わった後に疲れて寝てしまったので日を跨いでしまった。

埼玉県の大学内が試験会場
P_20160605_115102[1]
 
早めにでて1時間前に余裕の到着、お昼食べながらパラパラ過去問を解く。
 
13時から試験開始、ガチガチに緊張してたので最初の5分くらいは何もできずにフワフワしていた。あと隣の学生が振ると芯が出る式のシャーペンを無駄にカシャカシャ鳴らしてなかなか集中できずに困ってしまった(´・ω・`;)

配線図の殴り書き
P_20160606_024032[1]

前年度と比べると配線図の問題が増えて難しくなった印象を受けた。その分一般の問題はすごく簡単だったと思う。解答速報では50問中49問正解だったので危なげなく実技に進めそうだ。

ちなみに間違った一問は写真鑑別の漏電遮断器を配線遮断器(漏電遮断機能付)と勘違いして答えたこと。普通そこ間違えないよね?ってところでミスってて戦慄した。過去問ではちゃんと解いてるはずなのにな、怖いな。

 

ボイラー技士実技講習3日目

いよいよ最後の実習3日目
さいたま新都心で東京ガスの施設を使って行われた

午前中は実習の予習でまさかの座学
正直に言うと3日間の中で一番つまらなかった
が、午後に実習が待ってると思えばなんのその

午後一番で上階にあるボイラー室へ移動
撮った写真の掲載もOKとのことなので貼っておく

炉筒煙管ボイラー
20160117_132054_387

水管ボイラー
20160117_132015_109 (1)


圧倒的なデカさ!やばい!
水管ボイラーはデカすぎて特級技士じゃないと主任になれないほど

自動制御での着火作業も見せてもらった
P_20160117_144901

都市ガスは青で正常燃焼なんだってさ、へえ~
ガスのボイラー自体珍しいから見れて良かった

見学後は模擬ボイラーを使っての点火~消化、吹き出し、水面計操作の実技
これはちょっとショボかったかな・・・

なんにせよこれで3日間の講習修了、修了証も手にした
あとは試験合格だけど来週の金曜日辺りにはわかると思う








 

ボイラー技士実技講習2日目

実技講習2日目
今日はボイラーの作動~修理までを一通り学習

今日までお世話になった会場
P_20160116_173631

講師はボイラーの性能検査の担当官
受験勉強中に不思議に思ったことを聞きまくった

昼食、居酒屋のランチカレー650円
20160116_123437_652

  終了後、昔の職場で一緒だった同僚と上野で飲み
20160116_202208_406
 
 今日で座学は終了
明日の最終日は東京ガスの現場で実技講習だ

ボイラー技士実技講習1日目

昨日の2級ボイラー技士試験に続いて休む間もなく
本日からボイラーの実技講習が始まる

ボイラー実技講習とは
2級ボイラー技士の免許取得要件である小規模ボイラー4ヶ月の実務経験を
三日の講習を受けることによって、要件を満たしたとみなされる講習である 

講習受講は別にボイラー試験合格後でなくても構わない
合格と講習受講の2つが揃って免許発行がされる

 ちなみにこのボイラー技士講習
平日の3日連続で行われるというサディスティックな要件で行われる都道府県が多い中
埼玉県は金、土、日の3日間という比較的イージーな日程で行われるようだ
そのせいもあるのか、参加者の中には秋田や岡山から来た人もいたようだ...

そんな1日目は9:30~17:30で大宮の会場で座学講習である
基本的にパワポスライドを映して講師が延々説明するタイプの講習

退屈な講習だと思っていたが、一般企業で勤め上げたベテラン講師だったせいか
意外と興味深く話を聴くことができた......それでも何度か意識が落ちたけど

明日も座学だけど頑張りますよ




 

2級ボイラー技士試験

表題通り2級ボイラー技士の試験に行ってきた

朝9時に自宅を出発、埼玉のアパートから約2時間半...
11時半頃に千葉の五井駅に到着

試験会場
P_20160114_114708
 
かなり辺ぴなところにあるので徒歩だと無理
バスや乗り合いタクシーが出てます

バスが出発までに時間がかかるようだったので
乗り合いタクシー(600円)にのって会場到着

開始時間まで過去問をとにかく復習
13:30に試験開始




試験終了14:45
試験時間は3時間(そんなに使う人いるのか)あったが
見直しも終了したので試験室が退場

帰りのバスも大行列、バスを一本見送り
結局20分近く待って3時間近くかけてアパート到着

...消耗したよ

実際に受けてみて色々とわかったことがあったので
ネット情報の真偽とかそこらへんを、これから受ける人に向けて書いてみたい

合格してなかったらカッコ悪いので合格が決まった後にね


  • ライブドアブログ