日曜日に東京の中央試験センターで消防設備士甲4を受けてきたよ
20170122_131043_379
 
晦日から約4週間勉強してきたけど、いや~勉強が難しかった。細かい数字まで覚えないといけないのが辛かった。言葉に馴染みがないから覚えた端から記憶がスルスル抜けていく…。ギリギリ合格を狙うならそれでもいいのかもしれないけれど不安が残るのでみっちり勉強してみたよ。

さらっとどういった試験か説明すると自動火災報知設備という消防用設備に対して工事や整備ができる資格です。よくカップを付けた長い棒を持ったオジサンが廊下で天井の装置にカップを被せている光景は見たことあると思うけれどもそれです。熱や煙や炎のゆらめき、ガス漏れを感知器が検出して事務所や防災センターにある受信機や地区ベルに火災信号を発信して火事をお知らせするわけです。

試験は筆記と実技に分かれていて筆記はマークシート方式で法律や機械、設置基準、試験方法について問われる。実技は記入式で写真や絵を見て答える鑑別という分野と、記号や配線を図面に描きいれていく製図試験に分かれている。筆記と実技共に60%以上で合格

やっぱり難しいのは実技で鑑別に関してはいい問題がでるか運が絡むし、製図については書き間違いに気を付けなければならない。記入式なのであっているかどうか合格発表を待たないといけないのも歯がゆい・・・
たぶん60%は取れていると思う(思いたい)けど落ちてるとしたら大ポカやらかしたとかだろうな。

これが合格すれば新ビルメン4点セット(電工・二ボ・乙4・消4)が完成するので是非合格していて欲しいものですよ('∀';)